質屋の仕組み

質屋についての情報が満載です!

現在はインターネットを使うことで転売が行いやすくなっていますが、店舗で似たような転売を行っている場合、その業務内容について詳細を知らないことがあります。
その代表が質屋であり古くから営まれている業種ですが、今では利用者の減少と共にどのような営業を行っているのか知らない人が増えています。
転売が盛んになればいずれは店舗で運営したいという考えを持つ人もいるので、どのような業務内容で利益を出しているのか紹介しましょう。

質屋とは?一体何をするお店なの?

質屋とは?一体何をするお店なの? 質屋とは個人が所有している物品を担保に金銭を貸借するものであり、一定の期限内であれば貸借した金額に利息を付けて返済すれば物品は返却されます。
ただし、期間が過ぎても返済できなければ担保である物品の所有権は質屋に移動し、その処分法は一任されることになってしまいます。
一般的に質屋に権利が譲渡すると、物品の価値に対して自由に価格設定を行って販売が可能になり、この元の所有者に貸借した金額以上の値段で売却されると、それが利益になります。
質屋は物品を預けた時から保管料が発生しますが、質屋を利用する人の多くのは引き取りに来ることが少ないので、最初から転売目的で値段を付ける傾向があり、買取専門業者と比較すると買取価格が低くなりやすくなっています。

目利きの能力が問われる質屋の仕組みとは?

目利きの能力が問われる質屋の仕組みとは? 質屋の歴史はとても古い、江戸時代から存在している金貸しなどといわれています。
金貸しと聞くと消費者金融などのような金融業者のイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
消費者金融の場合、担保などを預けなくても一定の金額を借り入れることはできますが、質屋の金貸しの仕組みには担保が必須です。
この担保は借入金に見合う価値を持つもの、例えばブランド品の腕時計やバッグ、カメラや宝石類など換価の価値を持つものを預けることで、その価値に見合う金額を提示してくれる、その中で必要な金額を貸して貰うのが質屋の特徴です。
担保となるブランド品をお店に預けることを質預かりと呼び、返済日になった際に全額返せば質預かり品を手元に返して貰うことができます。
しかし、返済ができない場合は担保品となるものは債務の代わりに取られてしまう、これは質流れと呼ぶものです。
最近は、質預かりで単にお金を貸し付けるだけでなく買取を行っているお店も多くなっているようです。
質預かりの仕組みを理解するとわかりますが、担保となる物の価値を正確に見抜くための目利きの能力が問われる商売ですから、買取の場合も適正な金額を提示してくれます。
そのため、質屋を買取先に選ぶ人が多いのです。

質屋に関する情報サイト

名古屋 質屋

新着情報

◎2020/12/4

質屋の意味と役割
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「質屋 店」
に関連するツイート
Twitter