質屋の仕組み

質屋利用時の注意点とは

質屋利用時の注意点とは

質屋利用時の注意点とは 近年ではオープンな入り口で店舗自体も明るい雰囲気の質屋が増えつつあります。
その結果として、その仕組をしっかりと理解せずに利用する人が増えつつあると言われています。
ただ、手軽にかつ安心してお金を借りることができる金融機関という程度の感覚で利用していると知らないうちに損をしている可能性がある点には注意が必要です。
そもそも質屋の利用にあたっては、担保の査定額以上の借り入れはできません。
店舗側も貸したお金が確実に返済されるわけではないということを踏まえて、この値段でなら買取をしても良い。
その絶妙なラインで査定額を提示します。
大金を借りたい場合それなりの品を預けないといけないので預ける側のリスクも上がります。
また、質屋の場合月利が基本です。
金融機関で借りるときは年利で表示されるため、つい安いと勘違いしてしまう人が多いところなので十分に注意しましょう。
加えて、基本的に金利の日割り計算はしてもらえません。
1ヶ月分の金利は必ず発生する点もよく理解しておく必要があります。

質屋で行われるサービスの内容と買取について

質屋で行われるサービスの内容と買取について 質屋とは、簡単に言うと質預かり業務として行うところです。
お客様が持ち込んだ品物を査定して、それに見合う額を貸してくれます。
それを質屋に持ち込む時に収入が無かったり無職であっても、物さえあれば融資を受けることが可能です。
ご自宅に眠っていた価値のある物を質屋に持ち込んでお金を用意するケースも多く、返済が難しくなってしまった場合でも品物を諦めるだけで済みます。
このように持って行った物品に見合う額の融資を受けられる質屋ですが、実は買取も行われていて、査定した通りの額で売ることも可能です。
買取された商品を後から惜しくなっても返却されませんので、売る時にはきちんと考える必要があります。
相場変動の激しい品物を売りたい場合には、価値が上がったタイミングで持ち込めば高値で売れるのがメリットです。
ただし、一度売ってしまえばそれが手元に戻ることはありませんので、少しでも迷っている時には質預かりの方を選ぶようにしましょう。

新着情報

◎2021/5/7

質屋利用時の注意点とは
の情報を更新しました。

◎2021/2/4

質屋における偽物の価値
の情報を更新しました。

◎2020/11/30

質屋の意味と役割
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「質屋 店舗」
に関連するツイート
Twitter